売れるための文章作成

売れるための文章作成

売れる文章作成の記事一覧

売れるための文章作成とは
要は文章がうまくなるにはどうしたらいいかということですが

 

これは書き続けるしかないんです。
でも最短で売れるページを作る方法ってあるものです。その秘密とは。。

 

 

最短で売れるページを作る方法とは
キーワードに対して答えをきちんと書くことです。

 

シンプルだけどやることは多いです。

 

コピーライティング関連の記事一覧はこちらです。↓

 

川上です。

 

アフィリエイトで核となるのは文章作成能力だと思います。

 

動画とかもちろんサイトの滞在じかんとかで
補助的なコンテンツとしては有効ですが

 

何をするのも言葉でつづらないといけません。

 

人によっては苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが
リンクに誘導したり

 

キーワードに関連したことを書くにしても
すべて文章なんです。

 

ネットでサイトを作って稼ごうと思うなら
文章作成は切っても切り離せないもの、です。

 

でも、文章作成って教材見てもなんか抽象的だし
実際書いてみるしかないんですが

 

いくつかポイントがあったりします。

 

最終的には書くということを続けないといけないんですが
ある程度コツみたいなのをおさえることで

 

上達するものです。

コツは困っていることに関して解決する方法を提案することです。

売れるための文章作成はキーワ―ド選定とかクリックを誘導する心理学とか
いろいろ連動しています。

 

キーワード選定と文章は一番の根幹となるところです。

 

キーワードに対して答えを書くというのが基本ですが
答えをどう表現するか。

 

文章の展開によって印象も変わってきます。

 

キーワードとタイトル、そしてつかみの部分で
文章の方向性が決まりますが

 

どうやって展開して次につなげるか
そこが一見難しいことだと感じがちです。

 

初めのうちはH2かH3で見出しを作る時と合わせて
展開を考えると効率がいいのかもしれません。

 

よく見出しを見れば内容が類推できる
記事つくるようにしましょういわれるじゃないですか。

 

売れるための文章作成とはまさにそういった感じです。

 

始めはお手本を手に入れてみるといいと思います

売れるための文章作成を学ぶには
お手本が必要だと思います。

 

何事も基本となるところを覚えて地道に実践することです。

 

初めのうちはお手本を手に入れて
真似することから始めるのがいいと思います。

 

その時に文章を書くのも読むのも人間なんで
読み手の心をつかむようにするにはどうしたらいいか

 

それを心にとめて文章を書くと
問題解決と

 

次におこすアクションを
誘導しやすい雰囲気を作ることができます。

 

文章作成の原則の根本的なことは
キーワードに対しての問題解決です。

 

確かに一見取り留めもない感じですが
ここをしっかりして文章を作成しないと

 

アフィリエイトで稼げる未来が見えてきません。

 

売れるための文章作成とキーワード選定は
難しく感じても一つ一つ分解して

 

できることの積み重ねで
実践することです。

 

株の巨匠ウォーレンバフェットも

 

私は一寸努力すればできることを
多く見つけただけだ。

 

そんなことを言っていましたが
まさにあなたができることを沢山見つけて

 

実践することが
売れる文章作成につながっていくのです。

心理学とか

売れるための文章作成に欠かせないのが
心理学的な働きかけです。

 

僕もクリックするとか行動をサイト訪問者に起こさせるのに
研究したりしました。

 

WEB上でも心理学の演出って大事なんです。

 

みんなが使っているとか
ここだけの話、、みたいな限定性を表したり。

 

限定とか保証をつけたりとかするのって
最後の小手先みたいなところだったりするけど

 

もっと大きなところで考えると
困っているところをあぶりだして解決策を提案する。。

 

そうジャパネットの論理です。

 

きぇぇぇ!と高いテンションはある意味演出ですが
何億売れた神髄は困っていることを解決する提案なんです。

 

ある意味家電製品のアフィリエイトをテレビで実施しているのが
ジャパネットかもしれません。

 

そういった意味では人が購買する心理は
知らず知らずのうちに学んで知るものです。

 

売れるための文章作成かけるようにになるためにも
必要に応じて心理学を専門的に学ぶのもいいと思います。

 

 

最後は真心かも

売れるための文章作成
コアとなるノウハウを身につけたら

 

アウトプットすることです。

 

理論の実践が大事になってきます。

 

キーワードの答えを筋道立てて
問題解決のヒントを提供すること。

 

個人的には一つのキーワードで
記事の展開は複数あってもいいと思います。

 

理論の話をずっとしていましたが

 

カベを乗り越えるとしたら
人の役に立ちたいという心で文章を書くことだと思います。

 

インターネットって機械の世界ですが、
記事読むのは人間なんですね。

 

ですから感情もあるので
文章の中からそういった書き手の感情を感じてしまうんです。

 

キーワードの答えが大事、大事と散々言っておきながら
最後の最後で意外なおちだと思いますが

 

売れるための文章作成をするためには
ひとの役にたちうたいという心がけで文章を書くことだと思います。

 

以上、川上でした^^

 

コピーライティング関連の記事一覧に戻る

 

 

サブコンテンツ

プロフィール

初めましてOK川上です。
2011年から
アフィリエイトを始めて
2年後に脱サラしました。
会社にリストラされたダメ人間でも
ネットでリベンジできました。
サイト作成の面白さと
アフィリエイトで使える
ツールやテンプレートを
SEOの視点から紹介です。


特典付 アフィリエイト教材

このページの先頭へ